« 2006年02月 | メイン | 2006年04月 »

2006年03月31日

●どっぷりと

疲れているなあ。昨日はロルフィングの9セッションを受け、身体もずいぶんリラックス。以前のような固さとかバランスの悪さが自分の中でなくなってきているので、気になるところが減っている。

でも仕事が棚卸とか上司が転勤とかで色々せわしなく、うんざりもし、心にも余裕がない。ほとほと、自分の怒りの出具合にも自己嫌悪、でも原因を見たくないがために怒りまくっていて、さらにどっぷりとうんざりする。
ああ、どこか仕事もバイトも関係のない場所に行きたい。温泉でもいい、カナダでもハワイでもいい、余裕があるならばゆっくりと、心も身体も開放させたい。

2006年03月30日

●歌もの3番目は。

Yahoo!ミュージック - ミュージックマガジン - スカパラ「歌モノ・シングル」第3弾ボーカル発表

なるほど~~~。告知映像もあるので後で見てみよう。どないざいんしょ???

2006年03月27日

●化粧かぶれ

やっぱりなと思いつつも、冬に購入したエレガンスの下地がやっぱり合わない。どうも変だなと思い、この2ヶ月くらいソニアリキエルの残り物の下地を使っていたのだ。それももうなくなってきたので、またエレガンスのものを使い始めたら、どでかい吹き出物で、しかも痛みや流血してしまうようなものが出来てしまう。これが一日おきに使っても、エレガンスの時に確実に出来るので確信した。

アレルギーはしょうがないとは思いつつも、やはり「なんでだ~~~」と思わずにはいられない。例えカウンターで試してもすぐに出てくるわけではなかったり、何度か使ってみて症状が出てきたりするので、結局かなり残った状態で使えなくなる。

実は浪人していた時に、煙草毎日2箱、風邪を引きまくり(冷暖房が強かったため)と絶叫カラオケをやっていた(リンダリンダを男子と張り合って絶叫して歌ったりしていた)頃に本当に体質が変わってしまい、それ以来、このアレルギーと慢性咽頭炎とはお友達である。今となっては何であんなに絶叫する必要があったのかと悔やまれる。

また体質が変わって、強くならないだろうか。

2006年03月25日

●あれば使う、なくても使う。

結局のところ、私は貯金能力がないような気がする…そんな2006年初春。

またコンタクトをなくしまして。目がごろごろしていて、トイレの洗面所で左を取ったところ極度の乾燥ですごい勢いでコンタクトは目から飛び出し、そのまま排水溝へホールインワン。悲しみはまったくなくて、「またやっちまった。しかも何だこの乾燥っぷりは?」であった。

さて、そんな一週間、私はフラワーエッセンスのワークショップへ。2時間ほどの初心者向けのお話だったのですが、なかなかするどいお話で、やっぱり西洋医学だけではなく代替医療も大事なのだなと実感していたのです。
初めにハートスピリットと言うエッセンスを試しに飲ませてもらい、身体がぽかぽかしていたのです。
ハートスピリットエッセンス 25ml【フラワーエッセンスの愛ハート】
そしてオーリングで自分にあったフラワーエッセンスを選ぶというものがあったので、自分で選んだのですが、
グリューネ・ローゼ エッセンス 15ml【フラワーエッセンスの愛ハート】
押し込められ、圧迫されるような気持ちのとき、心静かに落ち着けるように。
心を解き放ち、ゆったりとさせてくれる。
という意味を持つものを選ぶと言う、まさにどんぴしゃ状態。オーストラリアワイルドフラワーエッセンスと同じようなものを選んでいます。やっぱり、ここの抑圧された悪を解消しろと言われているような気になりながら、電車に乗って帰っている途中、なんだか気分がグ~~~っと悪くなり始め、「吐いちゃいそうだなあ…なんだろ、ワイルドフラワーとハートスピリットの食い合わせが悪かったか??」などと思いつつ、へとへとで帰ってきました。でもたぶん、これは相乗効果の好転反応だったようです。

今少しずつバッチのフラワーエッセンスでレスキューレメディとかがテレビでも取り上げられて知られつつあるようなのですが、
レスキューレメディ 20ml【ぶたねこネット】
これは結構効き方が超マイルドで「結局フラワーエッセンスって効かないんじゃん。」って思いがちなので(実際に私は思った。)、すこぶる効き方をするものを試したいならば是非ワイルドフラワーエッセンスを。色んなところから、「これもおまえ問題、あれもおまえの気になるもの」と問題を投げつけてきて、その度に自分がいかに色んなことに目を背けてきたかをまざまざと見せ付けられます。
さあ、みんなでどMになろう!

西オーストラリア花物語―バルナオ博士のフラワーエッセンス療法
八木 葉生
中央アート出版社 (2001/01)
売り上げランキング: 74,721
2006年03月23日

●やっと見たアンフェア

アンフェア

結局私は今期見たドラマはアンフェアのみでした。哀しい、終わり方だったなあ。絶対に雪平が射殺した犯人に関係ある人だと思ってはいたし、実は薫ちゃんじゃないのって思っていたのに安藤かよ…。死んじゃったけれど、でも愛していたっていうのが救いがあったと言うか。

すっかり篠原涼子は引っ張りだこですね。でも私、彼女は「るみたん BY ぼくの魔法使い」の時がぶっ飛んでいて好きでした。ANEGOも良かったけれどね。
ぼくの魔法使い DVD-BOX


anego〔アネゴ〕 DVD-BOX

●トリックはいつまで経っても好き

トリック 新作スペシャル
ジェネオン エンタテインメント (2006/03/24)

以前から堤幸彦監督のドラマは大好きで、そもそも「ケイゾク」で堤物にはまった。そして仲間幸恵と阿部ちゃんいうところで「トリック」はそうでもないだろうと思っていたのだが、予想外にやっぱり堤節を加えつつ俳優さんのいいところ(面白くて今までの枠をぶち壊す部分が最高)を引き出していた。そしてずっとケイゾクは続編を待っても始まらず、どちらかというとトリックの方がスペシャルも多いのがちょいと悲しい。

でも面白いので良いか。

2006年03月19日

●しゃべり場

昨日はSOWELOでソエルちゃんとDONAちゃんとおしゃべり。ずいぶんと長居してしまった。バイトで疲れがあるものの、話をしていると時間がたっていることを忘れてしまう。何故か安心してただ思うことを話す。例え違う意見でも(そうだったのかは分からないが)それを否定する雰囲気はない。

なかなか社会に出て、会社の環境で本心で話すことが少なくなり(かといって、学生時代に本心を話していたかと言うと否!である)、今までの友人よりもライブで会う友達やこの最近出会った2人の友人たちの方がディープな付き合いをしているような気がする(それは去年知り合い、ロルフィングを受けているSさんも含まれる)。社会人になったら仲のいい友人なんて出来ない、と思っていたが、学校という枠や会社という枠を外してであった友達は何も恐れないでいいのだなと最近思えるようにもなった(だって学校とか会社って村八分されたりするしさ。)。実は、社会に出て自由がないと思いつつも、若かりし頃の枠っていうのはなくなっていたのだと今書いていて気がつきました(実は自由だったのだ)。ありがとう~みんな。

で、今日はSさんの講座を見学。多摩センターなので(こう書けば、大体イニシャルトークはする必要ないじゃないか…)圧迫感もなく気分がよい状態で講座を受けることが出来そうなので(窓から学生時代に時々いった広い広場があって眺めがとてもよく、木々が風でワサワサと揺れているのが心地よかった。)、終わった途端に入会。新宿でも講座をやっているのだが、新宿の街とビルの閉塞感がたぶんあわなそうなので、やはり都下が私にはあっているようだ(泣)。

2006年03月17日

●女王の教室を見た

女王の教室 DVD-BOX
女王の教室 DVD-BOX
posted with amazlet on 06.03.17
バップ (2005/12/21)


今日から2夜連続の女王の教室。何故真矢は鬼教師になったのか。なのですが、いや~~本当にこれみると私は何故か身体を硬くしております。母とかは「こんな教師いるわけないじゃん」とか、「こんな子供いる訳ないじゃん」とのたまいますが、いやいや、教師はさておき、子供はいるぞ、分かってねえな、と思うこともしばしば。なんでしょうね、私のトラウマをつつかれるドラマです。はふ~~。

●勝てないエッセンス

バランスオブマインドコンビネーションエッセンスEmotion in Balance(感情のバランス)
バランスオブマインドコンビネーションエッセンスEmotion in Balance(感情のバランス)

また再度試してみようと昨日から飲みはじめた「感情のバランス」。すでに2度負けております。そして、今回もまた負け気味。どうにもこうにも沸々と燃え上がる怒りの感情がにゅるにゅると耳のあたりや毛穴から出ているように思えます。でも前に比べて神経衰弱になったり、身体に痛みがくると言うのは少ないのです。これもスキンラスターで身体ケアをして飲んでいるからかも。

最近リストラやら、その関係で妙に男って往生際が悪いと男全般をいや~に思ったりと鬱積しております。しかもこういう時に限って色々と勝手な解釈をしたり、良いように取ったりする人がいて(中には面白がって、話に尾ひれをつけて騒ぎ立てたり…)「なわけねえだろ!」と突っ込みを入れたくなることもしばしば。ああ~、私って本当に人間が苦手…と思ったりもします。

まあ、私としてはリストラで切られれば退職金がっぽり、そのお金でロルファーになる資金作り!と夢見ているわけですが。まあ家庭がないからこういう思考になるんですよね…。

2006年03月15日

●クラニオふぉ~。

とまあ、訳のわからないフォー(By晋也木暮)で始まってますが、今日もSさんのクラニオ臨床に行ってきました。ここずっと頭が痛かったのです。というのも色々悩んだのと、ロルファーは向かない?とSさんお奨めの占い師さんに言われ(でもいいことも言われたんだよ。お金には困らないっていわれたし。)、きちんと自分の足で歩く!と決めたにもかかわらず、その一言でガラガラと崩れたのでした。そこでまた見失ってしまいかけたのでしょうね。しかも、ライブ終わった直後の焦燥感で「田島~、田島~」って言う状態だったし。頼っていたものがなくなった感があって。

続きを読む "クラニオふぉ~。"
2006年03月12日

●ロルフィング第8セッション

ボディワーク入門―ロルフィングに親しむ103のテクニック
小川 隆之 斎藤 瑞穂
朱鷺書房 (2005/07)
売り上げランキング: 9,776


実はこのロルフィングセッションの後にライブだったため、治しつつも体を壊すというパラドックス的な(言葉あっているのか??)、真逆をいく行為をしている自分が「おかしいんちゃうかい?」と思いました。
NなAちゃんには「顔がす~~っと何か抜けてる(マヌケという意味ではなかったと信じたい)感じだね」と言われるくらいの脱力感。その脱力感にライブへの緊張が重なり頭痛が出る始末でした。
そんな箇条書き。覚えているかな…。

続きを読む "ロルフィング第8セッション"
2006年03月10日

●ほっすいぃのは、きみさあ~

今日は(昨日は?)ロルフィングの後に田島のライブに行くという大暴挙にでました。せっかくゆるんだからだが、またライブで固めるというわけです。でも、緩んでいる力が強いため、顔も身体も全然力が入らず、なんだか軽い頭痛もライブ中に起こる始末。でもよかったなあ~。
ゆったりとでも大笑いしながら、アダルティーで、SMな田島貴男(お尻をぱんぱんと叩いておりました。)を堪能しました。ご馳走様。でもまだお腹すいているので、今日のツアー最終が楽しみです。

2006年03月08日

●むずかすぃ~

ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ
posted with amazlet on 06.03.08
トニー・ブザン 神田 昌典 バリー・ブザン
ダイヤモンド社 (2005/11/03)

友人のDONAちゃんの薦めで読んでいる、「マインドマップ」。読んでいると簡単そうに思えるのだが、結構難しい…。しかも厚いのでまだ読み終わってません。初級用に図解を買うべきだったか。
思うに、私の脳みそが凝り固まっているというのが実感できます。
「かあちゃん、かあちゃん、なんでおいらの頭は悪いんだい?」とまるでドリフのいかりやと仲本の親子会話が出てきそうな感じ。でも読んでいると、頭の中身が整理できそうな気がする。

2006年03月07日

●やっと本格的に風邪?

やばい、バイトで声一瞬でなくなりかけた。どうも喉が詰まったり、声が出にくい、と思っていたら、どんどんと寒気と頭痛が来たのでした…。

ああ、明後日はまたジャイアンリサイタル失敬田島ライブのため、絶対に絶対にはずせません。はっきりいってはずした時にゃあ、赤紙です。たぶん、膝の上に石板乗せる刑です。いやああ(>_<)ありえない。

早くスキンラスターちゃんを塗って寝ましょう。
にしても体調がおかしい…。

2006年03月04日

●やっぱりおまえが好きだ~

キングスロード
キングスロード
posted with amazlet on 06.03.04
ORIGINAL LOVE
ポニーキャニオン (2006/01/18)

踊るおっさん、いえいえ、踊る人形?いやいやギャグの少ない関根勉?田島貴男です。
この40おっさん(4月にね)をおっかけて、またもや行ってきました福岡→大阪。前々回は確か逆周りだったなあ(大阪→福岡)。

続きを読む "やっぱりおまえが好きだ~"